トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

端午、たんご、タンゴ… - 僕らの歳時記

僕らの歳時記 > 端午、たんご、タンゴ…

端午、たんご、タンゴ…

端午の節句の始まりは・・・

5月を皐月(さつき)と呼びますが、「神にささげる稲」の意味をもつ「さ」の月というように田植えが始まる季節ですね。

この時期、男の子がいる家では、鯉のぼりを掲げ、武者人形を飾る…、子のすこやかな成長を祝う端午の節句です。

端午というのは、月の初め(端)の午(うま)の日のことなのですが、奇数を陽数として陽数が重なる日をめでたい日として「午(ご)」は「五(ご)」に通じるということから、5月5日を端午の節句と呼ぶようになったと言われています。

古代中国では、邪気を祓い健康を祈願する日とされ、野に出て薬草を摘んだり、蓬で作った人形を飾ったり、菖蒲を浸した酒を飲むなど、厄災を祓う風習が行われていました。菖蒲やヨモギの強い香気の葉は、古くから魔を祓い清める力があると信じられ、屋根に葺いたり、頭に巻いたり、菖蒲湯として浴用に用いられてきました。

日本では、この時期を皐月というように、田植えの季節であり、農村では田植えに先立ち田の神に豊穣を祈る行事として、田植えに来臨する神を迎えるために、早乙女は巫女となって菖蒲やヨモギで葺いた屋根の下、敷き詰めた香りの高い草の上で一晩を過ごし、翌日の田植えに備えて身を清めるという五月忌み(さつきいみ)という風習がありました。日本における端午の節句の原型は、このような農村の行事で、もともと女性が主役の節句でした。

奈良時代の宮中でそれが中国の端午の節句の行事と融合し、菖蒲の髪飾りをし薬玉(薬草を丸く固めて飾りを付けたもの)を贈りあうなどの無病息災を祈る節会(せちえ)となります。鎌倉時代になると「菖蒲」が「尚武」(武道・軍事などが大切なものと考えること)に通じるという縁起から、武士が端午の節句に流鏑馬などの勇猛な行事を行うようになってきます。室町時代には、兜人形などもつくられて、端午の節句は男子を中心とする祝いの日と変わっていったのです。江戸時代になると、武家から町人の間にも広く伝わっていき、鯉のぼりや人形飾りなど豪華なものへと移っていきました。

鯉は出世のシンボル

鯉は、中国では「鯉は黄河上流の竜門の急流を登り竜になる」という故事から出世のシンボルとされていて、「登竜門」という言葉もこの伝説に由来します。立身出世のシンボルとされた鯉は、江戸時代の中頃から男子誕生の喜びを広く世間に知らせるために戸外に幟(のぼり)として立てられるようになりました。

鯉のぼりにある5色の吹流しは、滝や雲になぞられたもので、その5色は、陰陽五行の木・火・土・金・水を表し、森羅万象全てを表象するもの、永遠の安定性をあらわす物として、邪を祓う力を持つと信じられてきました。

柏やちまきの意味

また、端午の節句に食される柏餅の柏やちまきにも意味があります。柏の葉は、新芽が出てから古い葉を落とすところから、家系が絶えないという縁起が込められています。また、ちまきは、中国戦国時代の政治家であり文人であった「屈原(くつげん)」が身を投じた淵に茅(ちがや)の葉でくるんだ餅を捧げるという故事に由来したものです。茅は、「夏越の祓」の茅の輪にも使われるように、疫病を祓う神聖な葉とされました。

もともと端午の節句は、菖蒲などによって邪気を祓い清め、無病息災を祈るものだったのですね。古来、私たちの生活は季節とともにあり、人々は季節の中でともに生きていたということを、この節句等の年中行事の中で実感することができます。今年も、菖蒲湯につかり、柏餅やちまきを食して、自然を感じたいですね。

参考文献等

  • 「おりおりに和暦のあるくらし」旧暦くらし研究会著 角川書店
  • 「サクラ」まごころ向上委員会著 幻冬舎
  • 「日本の風習」武光 誠 青春出版社
  • 写真:「福井県観光写真素材集」から

僕らの歳時記 > 端午、たんご、タンゴ…

最終更新時間:2007年05月04日 11時13分18秒

by ふくいウェブ - 株式会社ふくいコミュニケーションズ - ふくいウェブコミュニケーションズ

ふくいウェブは2002年から福井のいろんな情報をお伝えしている総合サイトです!

[PR]留学会社に資料請求!