トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

空飛ぶ円盤記念日 - 僕らの歳時記

僕らの歳時記 > 空飛ぶ円盤記念日

「空飛ぶ円盤記念日」

6月24日は、「空飛ぶ円盤記念日」です。

未知の飛行物体「空飛ぶ円盤(UFOは後に米軍が使った用語)」が世界的な話題となった最初の事件「アーノルド事件」を記念したものです。

アメリカの実業家ケネス・アーノルドが自家用機で飛行中、未知飛行物体を目撃し、その目撃した飛行物体について「水面に投げた受け皿みたいに、スキップして飛んでいった。」と表現し、その飛び方から「フライング・ソーサー」と新聞で取り上げられたことから、空飛ぶ円盤と呼ばれるようになりました。

『1947年6月24日の火曜日、私はワシントン州チェハリスのセントラル・エアー・サービス社での仕事を終えると、ワシントン州ヤキマに向かうつもりで、午後2時頃にワシントン州チェハリス空港を離陸しました。

ワシントン州のレーニア山の南側の山腹の付近かそのあたりに墜落したとされるアメリカ海軍の大型輸送機を捜索するために、…リーニア山に向かって飛行しました。

…遭難機のようなものを何も見つけることができなかったので…ワシントン州ヤキマの方向に自分の航空機の進路を変更して、機内に座って単に空と地上を観察していました。私の航空機に輝く閃光が反射しました。

私は仰天し、他の飛行機に接近しすぎたのだと思いました。

…私の左手を見たときにレーニア山の北側に9機の奇妙な外観をした航空機がひとつなぎになって、高度約9500フィートを来たから南に飛行するのを目撃しましたのですが、…。

それらの物体には尾翼がなかったので、私は非常に奇妙だと思いましたが、…物体が飛行経路をたどりながらピョンと跳ねては日光をきらめかせるのを見守りながら、その物体の尾翼を見分けることのできないという事実に私はずっと頭を悩まし続けていましたが…。それらは私の知っているタイプの飛行機とは多くの点で合致しませんでしたが、…』

これは、ケネス・アーノルドがアメリカ軍当局に報告した書面の一部です。

この目撃談は、AP通信によって全米を駆け抜けました。アーノルドの体験が報道されると、全米各地から未知の飛行物体の目撃者が続出。しかも、アメリカだけでなく、イギリス、フランス、ベルギー、チリなどでも衝撃的な報告が相次ぎ、空前の空飛ぶ円盤ブームが巻き起こりました。

以前から未知の飛行物体の目撃例はありましたが、世界的話題となったのはこれが最初で、本格的な「UFO時代」は1947年に始まったといえます。

その数日たった1947年7月2日、有名な「ロズウェル事件」が発生しています。

一時、「宇宙人解剖フィルム」で有名になった、アメリカニューメキシコ州ロズウェルにUFOが墜落し宇宙人が回収されたといわれる事件です。

以前、この「ロズウェル事件」を発表したロズウェルの509爆撃部隊(この爆撃隊は、原子爆弾を広島・長崎に投下したことでも知られている)の情報将校マーセル少佐の息子さんマーセルJr.医学博士の講演を聴いたことがあります。

マーセル大佐は、円盤の破片を興奮して自宅へ持ち帰り、家族に見せたそうです。でも、息子さんが父に見せられた破片は、その後、軍が円盤じゃなくて、軍事気球だったという訂正会見を行い、その会見で見せた気球の破片とは、記述といい内容が全く違うものだったと言ってたことを思い出します。

UFO - 未来を夢見てますか?

しかし、最近日本では、UFOは語られなくなりましたねぇ〜。

現代人がUFOをあまり見ないのは、みんな忙しくて未来を夢見ることができにくくなっているからじゃないかと、唐沢俊一さんはその著書「新・UFO入門」で語っています。

以前、2005年3月10日に国会 参議院総務委員会で、民主党の山根隆治氏が当時の麻生太郎総務大臣に「UFOは見たことあるのか」と質問しています。中身を簡略化して紹介しますと。。。

  • 山根隆治氏「大臣はUFOを見たことがありますか?」
  • 国務(総務)大臣「おふくろは見たといってえらい興奮して帰ってきたのがありますけど、残念ながら私自身は見たことがありません。」
  • 山根隆治氏「知的な生物がこの地球上に人間だけだということが不自然なように思っている。そういうことからすると、UFOが度々飛来している、これについて全く無関心でいるというわけにはいかない。防衛上の問題でもある。アメリカも相当期間実際に調査を空軍でしてきたということが明らかでありますが、日本は国家としてアメリカからそうした情報を得たり、意見交換したことがあるのか。」
  • 国務大臣 「これは防衛庁じゃないかと思いますが…。膨大な数の星の中に地球にしか我々みたいのがいないというのは、いくらなんでも想像力がなさ過ぎる、似たようなのが一杯いたっておかしくないと私自身思っている。そこが進んだ技術を持っていて、地球にいるのやつが今後おれたちに危害を与える可能性についてこちらを調査している可能性も否定できないと思う。今、総務省として、特にUFOに関して調べているということはない。いずれにしても、ある日突然来る可能性というのは常に考えておくべき問題だとは存じます。」

また、2005年6月28日には、岩手県議会で、当時の県議会議員のザ・グレート・サスケ氏が、先の国会総務委員会での答弁をうけ、UFOについて質問しています。

  • サスケ氏 「県内での目撃情報が相次いでいるが、県においても情報収集、分析が必要と思うがどう認識しているのか。また、不測の事態に備えての対処法はあるのか」
  • 総務部長 「県として調査したことはない。その存在について、公的機関による確認がなされたことはないというふうに承知している。県としては、いかなる場合においても、県民への危険が生じる場合には、関係機関と連携を図りながら、迅速かつ的確に対処する。」

と答弁したとか。

夢みるのは、議員だけなんだろうか。(議員には現実問題をしっかりやってもらいたいもんだ。)

今年、世界的話題となった「アーノルド事件」や「ロズウェル事件」から60周年。夜空を見上げて、現実を忘れ、未来について夢見てみませんか?

参考文献等

  • 写真:「福井県観光写真素材集」から

僕らの歳時記 > 空飛ぶ円盤記念日

最終更新時間:2007年06月22日 21時37分58秒

by ふくいウェブ - 株式会社ふくいコミュニケーションズ - ふくいウェブコミュニケーションズ

ふくいウェブは2002年から福井のいろんな情報をお伝えしている総合サイトです!

[PR]留学会社に資料請求!